● 東京ホット倶楽部バンド その音楽環境

アコースティックな心も身体も踊るようなスウィングジャズが何時の頃かトレンドとされ、ポピュラーだった時代がありました。
1930年代初頭のパリ、華やかなダンスホール、着飾った男女、物憂気な芸術家や自由な旅人、弾けるようなダンスやラブソング、そして甘く切ない音楽、ビートの効いた熱狂のサウンドに乗り人々が光り輝く世界!ジャズを求める人々が集う社交の場"ホットクラブ"で、ジプシーの天才ギタリスト「ジャンゴ ラインハルト」とジャズバイオリンの巨匠「ステファン グラッペリ」が結成した「ホットクラブ ド フランス クインテット」の洗練された音楽が人々を熱狂的に酔わせていました。
そんな時代をモチーフに、現代の息吹を吹き込んだ『東京ホット倶楽部バンド』は弦楽器中心の編成にボーカルやゲストの管楽器等を入れ、優しく、情熱的にアコーステックサウンドの精神を蘇らせ発展させています。

スウィングジャズをベースに、シャンソン、ラテン、ボサノバなどジャンルを超えた演奏を得意とし、話題のライブスポットや劇場出演、国、都市が行うイベント、大使館、企業、有名ブランドのパーティーやTV、FM出演等、その活躍の場は日本だけでなく、海外にも及びます。フランスツアーでは、伝統あるジャンゴ・ラインハルト・フェスティバルへ日本人としての初出演を果たし、フランス・パリに於いて文化省主催のフェテドラミュージック、アルジュレスではミシェルルグランとのジョイントコンサート、イギリス・バーミンガムインターナショナルジャズフェスティバル、オーストラリアに於いては・シドニー国際ジャズフェスティバル、アデレイド国際芸術祭・メルボルンTV出演、また、ニュージーランド・ウエリントン芸術祭、ポルトガル・リスボン万博等へ日本政府から文化使節として派遣され、数々のツアーに成功を収めております。
また、オリジナル楽曲、公演、映画、CF音楽等の制作及び舞台演劇との交流を通じ、創造的な文化・芸術活動の発展と関わって参りました。

『東京ホット倶楽部バンド』は常に、音楽性豊かなベテランミュージシャンとパワフルで優秀な若手プレーヤーで構成され手います。
より創造的な演奏姿勢により、エンターテーメント性を決して失うことなく、国籍を問わず友情で結ばれた多くのミュージシャンと共に、楽しくバラエティーに富んだ演奏空間の創造と芸術的文化交流に挑戦し続けています。

★都内の大使館、仏マルセイユ市商工会議所パーティー、在日フランス商工会議所ガラパーティー、クイーンエリザベス2世号、モルガンスタンレーアールデコパーティー(目黒庭園美術館)、商船三井の新桜丸、モナコ政府観光局パーティー(六本木ヒルズ倶楽部)、ワコール南青山スパイラル(CAY)、羽田空港国際化記念事業・羽田グローバルEXPO野外ステージイヴェント、神戸・横浜等のコンサートホール、ベルギー大使館後援のJAZZフェスティバル、服飾ブランドのダンスパーティー、リゾート、ホテル等のホール空間、外洋航路の豪華客船等など、お洒落で、自然と身体を揺り動かしてしまうサウンド創りを得意とし、心地良くクオリティーの高い音楽とエンターテーメント性溢れる演奏を皆様にお届けしてまいりました。明るく、未来を感じる音楽空間に集う方々と関われる事は一同の心から喜びです。